2月度研究会 報告書  講師 大門 裕之様 豊橋技術科学大学 准教授

概要 大門 裕之様 は豊橋技術科学大学で工学博士号を取得されてからカナダのUniversity of Waterloo大学にて研究をされてこられた後母校の豊橋技術科学大学で教鞭を取っておられます。近年は東三河地域の農商工観連携の事業開発を中心となってやっておられます。大門先生は無機物から有機物まで、生産プロセスから廃棄物処理まで全ての工程を、高温高圧水や超臨界二酸化炭素を用いた研究をされているのが特徴です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆  今回文部科学省 科学技術戦略推進費をいただいて5年間の研究をすることとなりました。 

テーマは「気候変動に対応した新たな社会の創出に向けた社会システムの改革プログラム」で5年で2億円 の補助をいただいています。 

◆ ここでは数々の全国初の実験を行います。

・下水汚泥を原料にし、高品位肥料を製造

・排気CO2添加による養殖場実証試験

・排気CO2施肥による作物栽培

・下水処理場での食物生産・市民農園の構築

・太陽光・風力・バイオガス発電による系統連携

 

下水処理場バイオマスパーク化構想

 

 

『バイオマス・CO2・熱有効利用拠点の構築』のショートフォーム

 

 

     

◆ 環境観光の創出

農商工連携に観光をプラスして、1泊2日の環境ツアーをつくり全国から海外からも観光客を誘致したい。

◆ 音的には『シンプ』、記載方法は右肩上がり  CNP
音から シンプル、進歩、神父を連想


 

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00