CRN (中部異業種間リサイクルネットワーク協議会)

食品リサイクル法が制定されるまでは食品残渣(全国で700万トン)は食品加工メーカーから 排出される有価で取引される一部(約30%)が資源化される位で、70%が廃棄物 として焼却処理されていた。

食品リサイクル法が検討・審議されている1998年10月に環境万博を控えた名古屋で有志が集まり、 食品リサイクルすべきとの考えから、食品残渣の資源化の事業化を図る勉強会を 立ち上げた。当時は排出業者は廃棄物業者に委託するだけで、その先の処分方法 に関心もなく知らない状況、廃棄物業者はただ焼却処分するだけだった。この様 な状況において、有志が「食品残渣の資源化を色々な業種が集まって知識を出し 合って検討すべき」として異業種交流の勉強会を立ち上げた。


 

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00