12月度研究会 なごや環境大学 報告書

                          20111222  
 講師 なごや環境大学  事務局長  加藤 正嗣様
タイトル「コンパクトシティ(人は駅そば、川そばは自然再生)による、低炭素と自然共生の統合」 

概要加藤 正嗣様は1972年に東京大学をご卒業になり名古屋市役所へ入られました。その後名古屋デザイン博覧会の担当や2007年から環境局長になられてCOP10の誘致などをされ2010年には生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会の総括参与をされました。現在はなごや環境大学の事務局長をされておりまして  本日は「コンパクトシティ」についてお話をいただきました。 

●ごみ減量化の推移 2008年にごみ非常事態宣言をしました。2010年まででゴミの量は約40%減りました。リサイクル量は約倍になりました。国別に見ると同じGDPでもゴミの量は日本の倍も出している国があります。                                 
●CO2の問題 名古屋の目標  
2020年 25%ダウン 2050年  80%ダウン
今現在名古屋市はCO2の排出量は他都市に比べて少ないがこれは工場が少ないからなのであえて高い目標としました。名古屋は他の大都市に比べて運輸のCO2が極めて大きい。
総エネルギー量を半減して非化石燃料の比率を倍増すれば出来る。

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00