2021年2月25日(木)

 

この度は、伊勢湾の環境に関して研頂く予定でしたが緊急事態宣言の延期により中止となりました。

コロナ禍ですのでご講師様と会場はリートステ用を定して進めていましたが時制を重視し、新年度の初例会である4月度研究会にて開催とさせて頂きます。

本来のCRN研究会は諸先輩方から直接息を通わせて一献差し上げながら学ばせていただく側面が魅力です。 

今後とも、治水と利質とマイクロプラスチックご 現状把握足元の生を考えるで重要な研究案件につき継続テーマとして学ばせきたいです。

 

第一部

千葉 賢 様 四日市大学環境情報学部 教授

テーマ:

『伊勢湾のマイクロプラスチック汚染と発生抑制にむけて』

概要:伊勢湾の海岸、海面、海底で見つかるマイクロプラスチックの代表的な種類と、その分布域や季節変化の特徴などを紹介する。これらの情報から発生源を推定し、今後の抑制対策についての考え方を示す。 プロフィール:東京大学工学部航空学科卒業、同学科で工学(博士)を取得。

1997 年より四日市大学環境情報学部に勤務。専門は沿岸海洋物理、沿岸海洋の物質循環。

2003 年より 2007 年まで三重県地域結集型同研究事業閉鎖性海域の環境生プロジェクト (通称:英虞湾プロジェクト) の環境動態シミュレション部門の研究リーダーを務める。

2016 年より現在まで、三重県と同で、伊勢湾の貧酸素水塊発生問題漂流漂着ゴミの研究中である。 

 

江崎 忠男 樣 CRN研究会 顧問 

テーマ:

食×健康×水に関するトラ」

 

概要:がん 顛末記➡不思議な水 素粒水との出会い がん発生▶自でなとかしたい▶入院治療▶放射線治療▶抗がん剤▶自宅で点滴▶胃ろう手術▶その後

略歴:1941年生まれ1960.岐阜工業高校電気科 卒業 東海製鉄 入社1962.退社 電気工事 家電販売店 1962.松 入社 営業 業務 企画 営 瀬戸工場業部長
2001
.松工定年退職 中部業部長CRN 2005.松 再就職退職 2006.CRN事務局長 2016.CRN会長 2017.辞任 顧問 

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00