7月29日(木)

 

の度は、環境問題情報共有の法と足元からの実して研させてきます。 理想と現実には目標共有と結果検証が不可欠です。度、現状把握と目標達成の技法を学ばせてきます。 コロナ禍ですので会場はリートシステムGoogle meetを活用します。 どご期待ご参加をお願い申しげます。 

 

 第一部 佐藤之彦様 特定非営利活動法人東海地域生物系先端技術研究会 テーマ:『2050年CO2排出ゼロを目指して』

概要: CO2削減策として開発要素があるもののまだ間に合うメタネーションについて解説します。メタネー

ションとはCO2を原料にして燃料(メタンガス)をつくる技術で、できたメタンガスを発電や自動車 に使えばカーボンニュートラルが実現できるという夢のある技術です。併せて、太陽光発電で日本の全 電力を賄える方法としてソーラーシェアリングについても解説します。

略歴:1969 大阪大学大学院工学研究科修了 1969- 1985:日本鋼管(株)研究所:厚板・薄鋼管・レールの開 発と溶接技術の開発1985-2000:NKKエジニアリング事業部大阪支社 ガスパプライン、新幹線、長大 、ごみ焼却 2002-2004:三重大学大学院工学研究科ラッシュ溶接の電子制御にする研究 2005: 三重大学(2005-2015)大阪大学 2015マーングノベーションマネジメントュニーション 

お礼

第二部

 

谷川 明子 様(博士:工学)1級ビオトープ計画理士 テーマ:『自生する会の実現に向けて:生物主流化 SDGs
概要:
「2050 年自生するの実現は、生物性条約「愛知標」(2010 年)のビジョンです。

の目年の 2020 年では、残念ながら殆どが達成できませでした。よっ 2030 SDGs 達成には、

生物主流化が不可欠です。では、をしたらいのか?動していきまし プフィール:2010 年生物性条約締約国会議 COP10-愛知県と名古屋市の生物ドバザ

国土交通省国土審議会専門家委員愛知県あいちミィゲーション専門家派遣事業専門家、 (公財)日本生系協会尾張西部生系ネットワーク協議会会長など就任

著書:『地らすまつくり~スイス・ドに学ぶ近』 『生物性―私と地元気にする方法』(に技報堂

お礼

あとがき

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00