5月総会・記念講演会・懇親会

 

CRN第十七回総会・記念講演会・懇親会を行いました。

5月24日 午後1時30分から

名古屋市市民活動推進センター 研修室

44名のご参加をいただきました。

 

CRN 第十七回総会 の資料は、このホームページに反映しました。

※ 役員名簿、会員名簿

 

記念講演は

   木村 徹  様 有限会社 木村デザイン研究所

トヨタ車両デザインの系譜とこれから  』

━4R~Reduce、Reuse、Recycle、Remakeを提唱したい━

 

 

 

◆ 総 会

◆ 議 案  

 

  

・第1号議案 平成29年度事業報告

・第2号議案 平成29年収支決算(案)承認について

・第3号議案 平成30年度事業計画(案)承認について

・第4号議案 平成30年収支予算(案)承認について    

 ・第5号議案 役員改選について

 

 すべての議案は原案どおり承認可決されました。

 

 

CRN29年の歩み

 

2017年にCRNでやってきたことをパワーポイントで簡単に振り返ってみました。

 

 

◆ 記念講演  木村 徹  様 有限会社 木村デザイン研究所

◆ 交流会  

 

 

あとがき

 1975年6月に、インドネシア最大の産業見本市「ジャカルタ・フェアー」にトヨタ自動車の「キジャン」が初めて姿を見せた。そして、キジャンの販売台数は、発売四年目に初めてカローラを上回った。その後「カロセリ」と呼ばれる街の架装業者で後部の荷台を取り外し車体を取り付けてミニバンやワゴンとして使っていた。「トヨタは商売を取り上げなかった」。

初代から関わり、トヨタ副社長も務めた横井明(故人)は「迷ったら、その国のためになることを選べ」と説いていた。キジャンの部品の現地調達率は生産当初に19%だったが、最新の六代目で85%まで高まり、国民車の地位を固めた。そういった会社精神は、ご講演をいただいた木村 徹様からも伝わってきた。

 

(CRN 川崎  修)

 

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00