2016年 9月CRN研究会のご報告

.酒井 謙二 様  元川崎重工業株式会社  

          『飛行機はなぜ飛ぶか』

 

最初に、元川崎重工業(株)酒井 (謙二 様から、『飛行機はなぜ飛ぶか』と題し、永年航空機空力設計に携わりその後、JAXAに所属され大学では航空宇宙工学を教えられ、航空機空力設計の中からわかり易い基礎をご講演いただきました。

(1)飛行機はなぜ飛ぶのか

重量200トンの飛行機がなぜ5トンのエンジン4発で飛ぶのでしょうか。

  ①エンジン推力と揚力

 

  

②飛行機の操縦

同じ高度で、左旋回するためには:

  (傾きによる揚力減に対応するため)

   操舵棹を引きながら、左に回す。     と同時に、左ペダルを押す。

飛行機を作って飛ばすことで、それらの原理を体感してもらいました。

()航空機技術の他分野への適用   

  ①700系新幹線

 

  ②成田空港消音ハンガー

初めに、設計に携わった飛行機です。

航空機技術の他分野の適用例として、700系新幹線と成田空港消音ハンガーの設計概要をご説明されました。

やさしくお話をされたいましたが、専門技術を持たない私たちには不思議な世界と思いました。

 

 

.CRN相談役 鈴木 鉄雄 様  

  とことんトーク  『食品リサイクルと 安全』

 

廃棄処分、賞味期限切れの食品が横流しされた事件が話題になりましたが、 

今回は、『食品リサイクルと 安全』について

 

鈴木 鉄雄相談役のコーディネートでみなさんにトコトンご討議いただきました。

 

 

◆今回のご講演内容も非常に中身が深いのですべてをご報告できませんでした。

単純に、飛行機といっても少しの推進力で飛ぶ~操縦性~安定性などとても難しい技術を要するものと感じました。したがって、一部の内容を公開させていただきました。

なお、会員関係者の皆さんには電子データなどで配布しております。

ぜひ、ご興味のある方は今後のご参加と、会員になられることをお勧めします。

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00