CRN 27年新春講演会・懇親会のご報告


1月22日に実施しました。


講演会参加   74名   国際センタービル

懇親会参加   54名   キャッスルプラザホテル ビストロ・ドファンドール


大変大勢のご参加有難うございました。


講師  柳下 正治様 上智大学 客員教授

 

主な内容

  「環境問題を通して
   中国社会と徹底的に付き合う 」  

 
Ⅰ JICAプロジェクトへの参加と挑戦
 
Ⅱ 東アジア地域における循環に根差した環境共同体の構築

 

3年間に中国出張19回の体験から

人の行動変革のための方法に一般解はあるのか?

・中国が直面する環境問題

JICA「都市廃棄物循環利用推進プロジェクト」 2010年~2015年1月

Ø  重点項目 都市廃棄物全般と3種類の廃棄物に着目

          食品廃棄物、包装廃棄物、廃タイヤ

・都市ごみ対策は、都市、地域ごとに最適解を見つけなければならない

・ケーススタディ1:中国における食品廃棄物問題

4  政策提言

   「第135か年計画」では、都市廃棄物を重点政策に。

(2) 包装廃棄物

  1.当面進めるべき強制回収包装廃棄物(有価物以外)

 

2都市廃棄物全般に関わる政策提言

  (1)家庭からの厨芥廃棄物の処理方針

 

  (2)資源回収システムの構築

 

  (3)分別の推進

 

  (4)静脈産業の発展に不可欠な廃棄物業者の正規化

 

  (5)処理技術の開発等

 

  (6) 中国の国情に適した政策手段の活用

 

 3.問題解決を可能とするための条件整備

 

5 日中協力の継続的推進

 

Ⅱ.東アジア地域における循環に根差した

   環境共同体の構築を目指して

(1)     アジア3R推進会議での合意

(2)     (2)北東アジア地域を考える

田中等の都市廃棄物量(2000年)の試算

 中国   265.5(百万トン)

 日本    52.7

 韓国    18.8

  ・・・・・・・

 世界   1,622.6

3カ国の排出割合・・・20.8%

 ・(4)循環政策の地域協力の可能性
 ① 日本、韓国及び中国の循環政策の系譜

   ② 後発のメリット論

締めくくりに代えて―循環文化とは―

 

 

*パワーポイントの資料と講演録は

   http://1drv.ms/1uBO1eQ


 

*柳下 正治様 上智大学 客員教授の連絡先

    アドレス  myagi3@nifty.com


 


 

事務局  川 崎  修