CRN3月研究会報告書

 

 

 

講師

 株式会社 小桝屋  顧問  大竹  良知様

ニライ環境研究所  代表

タイトル

近赤外分光法が堆肥利用
・土壌診断の姿を変える
-検量式を柔軟にアプデートできる
手法が可能にした堆肥・土壌測定-

主な内容

・近赤外分光法とは

・このシステムを利用して
堆肥・土壌を測定する利点

Ø    ・土壌の主要成分の測定が管内の全ほ場で可能となる

・近赤外分光法が土壌診断を変える

・吸引通気式堆肥化システムの紹介

 

講演録と資料

http://1drv.ms/1dS8GCV

連絡先

大竹  良知様ニライ環境研究所  代表

  090-8457-0941

  yoshi@nir-ai-institute.jp

 

講師

 矢崎エナジーシステム㈱ グループリーダー  鎌田義章様

 

タイトル

矢崎環境システム商品のご紹介
     (太陽熱システム及びバイオマス機器)

主な内容

・矢崎グループの概要

社内報に見る「環境への想い」その取組

・矢崎の商品(自動車機器事業)・生活環境機器事業・

 環境システム

・太陽熱利用商品

・バイオマス機器

・空調関連機器

講演録と資料

http://1drv.ms/1dS8GCV

連絡先

矢崎エナジーシステム㈱グループリーダー 鎌田義章様

  052-833-8415

  kamada.y@sys.yzk.co.jp

 

 

大竹  良知様 ニライ環境研究所 代表
大竹 良知様 ニライ環境研究所 代表
矢崎エナジーシステム㈱グループリーダー  鎌田義章様
矢崎エナジーシステム㈱グループリーダー  鎌田義章様

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00