8月度  CRN 先進企業現地見学会

CRN 8月先進企業現地見学会

 

8月23日に上記見学会を実施しました。
参加者 総数  25名 うち懇親会参加者  16名
◆ 住友大阪セメント株式会社岐阜工場
 ・足立課長様 からパワーポイントによる同社並びにセメントの製造過程の説明 ・リサイクルの提案  

 ・工場案内  2班にわかれて実施  

     大きなキルンがグルグル回るのに圧倒されました。  

     数々の産業廃棄物がセメントの原材料として投入されています。  

     セメントの重量の60%が廃棄物です。  

     特に下水汚泥は岐阜県中から持ち込まれています。 

 ・質疑応答  

     同社大阪本社からリサイクル担当者も参加されて今後のCRN関係者からの相談に乗っていただけます。


◆ 加藤精工株式会社岐阜工場  

 ・武藤 嘉邦様 株式会社 岐北ホームがお出迎え 

 ・武藤社長様と副工場長により工場内を案内。 

   ・室内温度       

        従来からある第一工場   新設の第四工場  

    天井温度   41度        35度  

     床面     29度       28度      

 ・新設の第四工場  年間を通して温度変化が小さい  

   働く人の体感が非常に良い   

 ・二重屋根の説明  遮熱用フイルム 外国製を使ったが最近では国産でもいいも   のが出てきている。    

   酒井化学  ラミパックSD  

 ・地下熱利用システムの説明  このシステムは山口県の株式会社ジオパワーシス   テムが開発したもの。山口の工場を視察に行って導入の決心がついた。      3・11以降見学者問い合わせが非常に増えた。  

   ジオパワーシステム   

     http://www.geo-power.co.jp/  

 ・会議室にて  武藤社長様から地下水利用システムの説明  

   小澤工場長から同社が導入に至った経緯の説明  

   質疑応答 熱心な討議がありました。    

 ・最近の話題  東京スカイツリーにもこれとは違うが地中熱利用システムが           採用されている。      http://www.japanfs.org/ja/pages/029502.html     

         新東名道路 静岡サービスエリア   

         ジオパワーシステムが採用された。     http://www.kajikawa.co.jp/construction_blog/v/34/ 
◆ 長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)     http://ukaimuseum.jp/shisetsu.html 

  ・この8月1日オープンの岐阜市の観光施設 

  ・鵜飼の歴史についてのガイダンスシアター  約15分 

  ・展示室 

  ・景観ラウンジ


資料はこちらにあります。

 

http://sdrv.ms/RJvaKM

 

 

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00