太陽熱利用の動向について

講師  吉 永 美 香准教授様 名城大学理工学部建築学科

演題  「太陽熱利用の動向について」

 

吉永 美香様  名城大学 准教授

   http://wwwra.meijo-u.ac.jp/labs/ra001/

 

◆ 太陽の利用には二つある

    ・太陽熱ーーーー給湯、暖房、

    ・太陽光ーーーー太陽光発電

 

◆ 太陽熱利用の基本的な利用

    ・集める

    ・貯める

    ・使う

    ・助ける (曇り、雨の時)

 

◆ 太陽熱利用の例

   自然循環型太陽熱利用システムの例

   空気集熱式太陽熱暖房・給湯システムの例

   強制循環型太陽熱給湯システムの例

◆ 住宅の50%は暖房、給湯です

 

◆ 太陽熱は太陽光の4分の一の設置コスト

◆ 屋根をどう使うか   

  提案 

    太陽熱で給湯・暖房

    あまった屋根で 太陽光発電 

◆ これからの常識

   熱は熱で

  電気の場合    モッタイナイ

   化石エネルギー ⇒ 熱エネルギー ⇒ 運動エネルギー ⇒ 電気エネルギー    ⇒ 熱エネルギー

  太陽熱

   熱エネルギー ⇒ 熱エネルギー 

 

 

      資料はこちらで
https://skydrive.live.com/redir?resid=5F7356FB0D50962F!346&authkey=!ANZJca6O5D-EY8I 

 


 

◆「2022愛知環境賞」募集開始のお知らせ

 愛知県では、資源循環や環境負荷低減などに関する優れた技術や活動などを「愛知環境賞」として表彰しています。この賞は循環型社会の形成を促進するとともに、広く全

国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で、2005年に創設したものです。多くの企業、団体からのご応募を心よりお待ちしております。

 

○募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月29日(金)

○募集対象者 : 企業、団体又はグループ(個人の応募はできません)

○募集対象事例 : 省資源、省エネルギー、3R及び新エネルギー活用などの分野で、資源循環や環境負荷低減の推進に関する先駆的で効果的な愛知県内の<技術・事業><活動・教育>

〇詳細はこちらをご覧ください(過去の受賞事例の詳細もご覧いただけます)

愛知環境賞Webサイト(「あいち資源循環ナビ」内)

 

   https://aichi-shigen-junkan.jp/kankyoushou/

問合せ先 : 愛知県環境局 資源循環推進課 循環グループ

TEL 052-954-6233(ダイヤルイン)

事務局長 

中根正道 社会学士

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

集会室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F 

 

サブ会場

ナディアパーク内の施設

 

基本日程

毎月第4木曜日 14:00~17:00