3月度CRN研究会報告書 TBR株式会社   王 文暉様

「中国の環境問題の今について」 

TBR株式会社 王 文暉様については坂部環境技術事務所 代表取締役の坂部 孝夫様のご紹介によるものです。

 王 文暉様は南京大学を御卒業後豊橋技術科学大学で博士号をとられまして現在のTBR株式会社に入社されました。TBR株式会社は漁網を作っている会社ですが 王 文暉様はこちらで環境の研究をされていますが中国での環境問題の解決にも尽力をされています。

 

◆ 中国の環境の歴史

1,1949年~1965年:明確な環境保全政策および目的が無い時期。(中国水と土地保持条例)

2,1966 年~1976年「文化大革命時期」:環境改善および保全の規定

3,1977 年~1987年「開拓時期」:

4,1987年~:環境に関する法律および政策の発展時期

 

◆ 中国の環境の現状について

高度経済成長により環境汚染はひどい状態にある。

空気:面積の4分の1を汚染された(6億人)。

地下水:9割以上を汚染された。

農地:10万平方kmに重金属、農薬などを汚染された。

 

◆ 固定廃棄物 2000年と2010年  3倍

  リサイクル量             3倍

  露天保管が多いので環境への影響が問題

◆ 大気汚染の状況

  構成  石炭火力から   エネルギー消費の70% 基準を超えている

      自動車の排気ガス 大幅な台数の増加

      大型建築工事現場から

      大気汚染  黄砂など

      火力発電所などよりSOXNOXの大量排出

◆ 大気汚染

      酸性雨

      PM2.5 健康への悪影響

 

◆ 水の環境汚染

   長江と珠江の水質は良好、淮河は少し汚染がある。黄河、松花江と遼河の汚染   が進んでいる。海河の汚染が一番悪い状況である。

   中国全体では水不足 600の都市のうち400の都市で水不足

 

◆ 中国江蘇省新沂市下水処理場技術指導報告がありました。

    王 文暉様が主導して技術指導をされたようです。

    平成21年の実績

◆ TBR株式会社の事業について

   TBR株式会社は組紐から漁業用の網を作っている会社です。

   http://www.tbrjp.co.jp/

 

   組紐は徳川幕府の収入の3分の1だったとか。

 

◆ 環境事業への取り組み

   油吸着材OCRの開発

   オイルキャッチャーロープ(OCR)

   バイオコードとは?

     組紐の技術で開発した、微生物を大量に保持することができる固定床です

     微生物の力で水や空気をきれいにします。
   

   ボックスカルバートタイプ  河川の直接浄化

   

   曝気槽式河川浄化システム

   

   人工浮島による景観向上と生態系の回復   耶馬溪ダム湖

 

   河川浄化全国300箇所以上で実施 科学技術庁長官賞受賞

   ニュービジネス大賞  環境賞受賞

 

   畜産排水処理 愛知県御津町

 

   

 

◆ 国際化への取り組み

   中国上海に工場進出・国際分業 平成7年に進出

 

   環境事業の海外展開  

      中国、韓国、台湾、インドネシア、オーストラリア等に

 

  海外でのたくさんの事例の報告をいただきました。

 

TBR株式会社は組紐技術をもとに水の浄化を国内海外ともに広く展開されている

素晴らしい会社だと思います。

 

お問い合わせ先

   TBR株式会社  王 文暉様

      wangwenhui*tbrjp.co.jp

 

      0533-88-2171

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

事務局  川 崎  修