吉田信夫様 元日本気象協会 日本気象学会奨励賞

第一部

14:00~15:30

テーマ

2018年夏の猛暑の評価と地球温暖化』

2018年の夏、国内各地で40℃を超える高温記録が続出した。これは、かつてない記録ではあるが、日最高気温の定義が年代とともに変遷しており、客観的な物差しで見つめる必要がある。
その上で、地球温暖化や世界各地で起きている地形改変など多治見から世界の国境なき生活圏を確認させていただきました。
北極の氷から 海流の変化のお話、エルニーニョ/ラニーニャ現象 多治見の計測器設置場所の問題 などについてお話を頂きました。
沢山のご講義ありがとうございます。おかげさまで大好評の会合として終わらせることができ 深く感謝いたします。今後も変わらぬご教示を賜りたくお願い申し上げます。

 

講演要旨

 2018年の夏、国内各地で40℃を超える高温記録が続出した。これは、かつてない記録ではあるが、日最高気温の定義が年代とともに変遷しており、客観的な物指しで見つめる必要がある。その上で、地球温暖化や世界各地で起きている地形改変などとの関わりを考えてみよう。

 

講師プロフィール

青森県八戸市出身八戸の漁師町で生まれ育ち、小学校3年生でチリ地震津波を体験。八戸工業高等専門学校時代、1968年十勝沖地震(M7.9 関東大震災クラス)に遭遇、校舎が被災し、1年あまり体育館、仮設校舎で学生生活を過ごす。

これらの体験を経て、八戸高専卒業後、東北大学に進学、地球物理学を専攻。大学卒業後、日本気象協会に入社。東北本部勤務を経て、1984年東海本部に転籍。

 

2003年日本気象協会退職。

現在の居住地、多治見市では2002年から市民や多治見市環境課と連携し、市民生活の目線から多治見の夏の暑さの調査研究に取り組んできた。

 

「多治見の暑さに関する調査研究」で、2012年に日本気象学会奨励賞、2013年に日本気象予報士会木村賞を受賞。

講演会資料

佐野 充 様 中部大学 学長付教授 名古屋大学名誉教授 理学博士

第二部

15:30~17:00

テーマ

「幸せになる仕組みを持った組織とは」

 
『幸せになる仕組みを持った組織とは』~「働く」とは、「お金を稼ぐ手段である」と同時に、「働く」からこそ経験できる充実感を得て幸福な人生を築くための手段である~充実感が得られる働き方を可能にする仕組みとは?また、高い生産性を生み出す仕組みとは?を考えさせられました。
 
企業経営の視点からは、特に大学経営のお話が参考になりました。学生に投資をし相続で回収するビジネスモデル。死んでお金を持っていけない道理を的確に情報共有している点を確認させて頂きました。
 
お話の中から仲間への感謝や学び舎との思いで恩師への恩の大切さを感じました。日本の企業も学校も更には日本の家族制度も忘れてしまっているような作法の根幹の大切さを確認できました。
ポジティブとネガティブなどについても   お話をいただきました。
沢山のご講義ををいただきました。
おかげさまで大好評の会合として終わらせることができ 深く感謝いたします。
今後も変わらぬご教示を賜りたくお願い申し上げます。

講演資料PDF

懇親会

シルクロード


事務局長 

中根正道

メイン会場

名古屋市市民活動推進センター

研修室

 

名古屋市中区栄三丁目18‐1

ナディアパーク

・国際デザインセンタービル 6F